読書備忘録2021-36~47

 全然書いてなかったら馬鹿みたいに溜まっててワロタ。まとめて書きます。

2021-36『ドグラ・マグラ』/ 夢野久作

 日本三大奇書でしたっけ。一度は読んどくべきかな~などと軽い気持ちで手を出したものの,やっぱ無理でした。辛うじて何言ってるかは読めるんですが,どうにも意味が分からない。これは所謂日本近代文学全般に対する自分の評価(好悪)なので何ともしがたいところがあります。読んだら気が狂うとか言われてるらしいですが,これが理解できる人は本当にすごいと思います。

 

2021-37『そいねドリーマー』/ 宮澤伊織

 箸休め的に軽そうなやつを読みました。『裏世界ピクニック』とは打って変わって怪奇色はあまりなく,どちらかというとファンタジーですね。とはいえやはり百合モノなので作者の性癖を感じていました。ストーリー的にどんどん認識がおかしくなっていく感じ(不安定になっていく感じ)を文章でしっかりと示しており,めちゃくちゃ技巧的だったように思います。ラストはなかなかどうして自分の性癖に近いモノをぶつけられたので気持ち悪い笑顔になってました。ここ最近のベスト本です。

 

2021-38『興亡の世界史 オスマン帝国500年の平和』/ 林佳世子

 学術書シリーズその1。Kindleで半額になっていたのでつい手を出してしまった。何度も言うようにアラブが好きであり,かつコンスタンティノープル大好きオタクなのでオスマン帝国は歴史上の国の中で1,2を争うくらい好きです。ちなみに同率くらいで好きなのがヤゲウォ朝リトアニアポーランド連合王国です。影の薄い強国がすき。この本は,オスマン帝国の前近代を中心に国家制度などの変遷から紐解いていった本で,通史的な高校世界史を学んだ後にこういうのを読んで知識を深めていくのが堪らないんですよね。

 

2021-39『グノーシスの神話』/ 大貫隆

 学術書シリーズ2。エヴァが好きだとキリスト教の異端とか聖書の外典とか周辺知識ばかり気になることありませんか?自分はめちゃくちゃあります。グノーシス主義という名前はどこかで聞き及んでいたものの,内容は全く知らなかったため勉強しようと軽い気持ちで読み始めましたが,まぁさっぱり分かりませんでした。キリスト教のくせに多神教的な要素がかなり強く,その他宗教にも派生していった思想だということは辛うじて分かった気がしますが,相当難しいです。予備知識が一切無かったのが良くなかったと反省しています。そのうち勉強し直して読み直そうと思ったり思わなかったり。

 

2021-40『興亡の世界史 インカとスペイン 帝国の交錯』/ 網野徹哉

 学術書シリーズ3。中南米はアラブの次に好きです。なぜなら地元に中南米美術館というニッチすぎる美術館があるから。もう少し古い時代のことも扱うかと思っていましたが,あくまでスペインによるインカ帝国の征服から話をスタートするという立場です。特に面白かったのは,スペイン本国の宗教を巡る政治状況が植民地にもかなり波及していたという話。ざっくりとしか触れられない通史を学んだ後でこういうのを読むから堪らない(2回目)。

 

2021-41~43『霊感少女は箱の中1~3』/ 甲田学人

 ここからラノベゾーン。推し作家であるところの甲田学人先生です。『断章のグリム』シリーズからずっと読み続けています。ホラー・オカルト系のシリーズで,『断章のグリム』からそうなのですが,ホラー描写で文が途切れ途切れになり,繰り返しが多用されるという文体がすごく好きです。まだ未完のシリーズっぽく,はやく続きが読みたくてソワソワしています。

 

2021-44~46『ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション上・中・下』/ 甲田学人

 同上。ホラーの展開がやはり良い。これはこの作者にしては珍しく(?)学園モノではないです。ずっと引っ張ってきた怪奇現象をあっさり何でも無いもの(畏怖の念を与えるための装置)に変えてしまうあたり熟れているなぁという印象です。

 

2021-47『ノロワレ 人形呪詛』/ 甲田学人

 同上。学園モノのホラーです。こういうホラー作品を「ファンタジー」と言い張る辺り作者と自分の思考回路が似ているなぁと(影響されているというのは多分にある)。人形をテーマにしたホラーものはかなりの数あり,どこまで独自性が出せるかは謎ですよね(そんなに他のものと差別化が図れているようには思えなかった)。とはいえ,「何でも無いもの」が畏れによって呪いと化すというような展開はこの作者の十八番であります。

 

 はい,ここまで書きました。読むのをサボっていたのではなく,書くのをサボっていただけです。どうか許して。ちなみに本の馬鹿買いはもっとやってるのでこの先まだまだ読む本が積んであります。どうしてこうなったんでしょうか。

 では。

読書備忘録2021-35『バビロン IIー死ー』/ 野﨑まど

 久し振りの野﨑まど。やっぱいいっすね。

 前巻の『バビロン』の内容をほぼ忘れてしまっていましたが,なんとなく思い出しました。良い感じに最悪になってきて良い。これは『ゴルゴタ』/ 深見真 みたいな展開になるのかなぁとわくわくしております。

 読む時間も無い感じだし書く時間もなかなか厳しい。ので今回はこの辺で。実はここに書いてないけど読んでいる本が3冊あります。アレなので今度まとめて書きます。

 では。

読書備忘録2021-34『カーニバル・ナイト』/ 笹本祐一

 シリーズ3作目。前回から路線がちゃんと戻ってきて超能力バトルに......なってません。まぁそれを期待して読んでいるわけではないので良いです。

 ヒロイン奪還作戦が始まり,エージェントが潜入してきました。エージェントを見つけることにはそんなに時間をかけず,青春に紙幅を費やしていた感じ。自分でも何言ってるのか分からない。ただ,漠然と「青春だなぁ」という気持ちになっていた。やたら積んでいたのが本当に良くなく,これをモリモリ楽しめる時期が多分過ぎ去っているんだと思われ,何となくキツさを感じています。おそらく(少なくとも今の自分には)not for meという感じ。難しいなぁ。

 ここしばらくこういったnot for meな本を読みまくっていて,少しペースが落ちています。よほどのことが無い限り途中でやめることはしないつもりなので,ぼちぼち読んでいけたら良いですね。次は野﨑まどやるぞ!

 では。

読書備忘録2021-33『ハレーション・ゴースト』/笹本祐一

 『妖精作戦』のシリーズ2冊目です。結局シリーズ揃えちゃったよね。

 前作とは打って変わって純然たるファンタジーになりました。しかもゴッチャゴチャした情報量の多い感じ。まだ作者さんが若い時の作品らしく,めちゃくちゃな勢いでもって書いてそうだなぁ,という印象。そもそも超能力の話なので,あの世とこの世,みたいな話が出てきても特段変には思いません。ただ,やっぱりいかんせん突然すぎる方向転換(でもなくてある種スピンオフなんですが)で混乱しがち。個人的にはあんまり好きじゃなかったかもしれない。楽しみなのは最後の方に露骨に組み込まれた伏線で,どう回収してくるのか,あるいはこういった話が本題にどう絡んでいくのか,といったあたりでしょうか。なんだかんだ面白がっているので良いと思います。

 全巻終わるまではオススメ的なのはなしで!それでは。

読書備忘録2021-32『呪術廻戦 夜明けのいばら道』/ 芥見下々,北國ばらっど

 小説版の2冊目です。やっぱり面白い。

 前作と同じく,本編で触れられていないタイミングでのキャラがどんなことをしていたか,という話です。棘先輩が一番輝いてましたね。こういうの,何を話してもネタバレになる(本の内容もだし本編に触れても危うい)ので,深くは掘りません。ただ,ちょっとだけ釘崎の描写がしつこかったかなぁ,なんて気もします。あと,メカ丸は健気ですね......こういうキャラ深堀系の作品でめちゃくちゃ映えるキャラだなぁ,と感動しました。

 本当にそれほど深く書くことがないのでこの辺で。伊地知さんはしっかり休んでください。

P.S. あとがきの芥見先生のコメントで吹きました。あのエピソードより面白いのなかなかないですよ,マジで。

読書備忘録2021-31『呪術廻戦 逝く夏と還る秋』/ 芥見下々,北國ばらっど

 小説版にも手を出しちゃったんだな。すっかり呪術にハマってしまっています。こんなに面白いと思ってなかった。

 説明文にもあるように,呪術廻戦単行本の2巻と3巻の間あたりの話です。推しであるところのナナミンの出張の話とか伊地知さんのお仕事の話とか盛沢山でかなり面白かった。正直そこまで期待してなかったんですが,予想を超えてくる良さがありました。かなりキャラの深堀がしてあり,しかも(当然っちゃ当然ですが)時系列的な矛盾もないので原作を読んでからサブストーリーとして読んでめちゃくちゃ楽しいタイプです。全体的に軽い書きぶりなのでサクサク読めるのもいいところ。電車の中で1.5時間で終わっちゃいました。

 漫画原作の小説版を今までほとんど読んだことがない(バトスピはあるけどあれは漫画原作と言いにくいような気がしなくもない)のでお勧めはあまりできそうにないっすね。一応かなり昔にリボーンの小説版を読んでいたのですが完全に内容を忘れました。てなわけで今回はこれで。それでは。

読書備忘録2021-30『未来職安』/柞刈湯葉

 職がないので職安のお世話になるかも知れないです。それはさておき今年に入ってからかなり良い感じのペースで本が読めているんじゃない??

 (そんなに先とも思えない)未来の話。ベーシックインカム的なそれが普及し,ロボットなども発達することで人が働かなくても良くなった時代に働く人の話です。人間の仕事が責任を取ること,ってのがまた良いですよね。おしごと系といえば自分の中では小川一水先生なんですが,少し毛色が違ってこれはこれで好き。こういう短編連作の良いところは主人公共有でネタのある限りずっと続けていけるところだと思うんですよ。もちろん途中で長めのやつを入れても良いし。何が言いたいかというと,続編が出て欲しいなァ~~~,ということ。

 さてさて,これが好きな人は

『こちら、郵政省特別配達課』/ 小川一水

『浜村渚の計算ノート』シリーズ/ 青柳碧人

あたりも良いのかも知れない。サクッと読めてエンタメとして面白いので。

 それでは。